2017.03.26 雨&爆 内房ボ

2017.03.26

新月大潮初日
16:03 150
22:24 037

ボ

翌日は空けてありじっくりやるつもりだったのにまさかの雨&爆風予報。

一度は断念したが妻子も出かけていて暇だし、と出撃。

とは言ってもそれなりに計算はしていてメバルは獲れると思ったのだがまさかこう来るとは…。

-------------------------------------------

新規MB場のIB左港だがこのところイマイチパッとしないのは潮が動かないタイミングだったから、と推測した。

んで今回は大潮で満潮から大ソコへ向けて下げ始めたタイミングの夕マズメで潮は動いているハズ、風は強めの予報だが東寄りなのでここでは風裏になるハズ、近距離のキャストだしテトラを降りたら影響ない、雨は小雨なのでカッパを着て我慢すれば、と考えた。

となればマズメだし少なくともメバルの一つ二つは固い、ならば行く価値はある。

さらに夜中までは2~3mの風、という予報が正しければKINTでも釣りができないほどではない、最悪錘を付けてのズル引きモンゴなら可能!?



と、いうような考えで決してダメ元のヤケクソではなかったんだが…。

17時前にKINT、夕マズメにここで投げるのは久しぶりだし無人だったらそのままここで粘るのもアリか!?と着いてみたら先客あり。この天気に酔狂な人がいるもんだww

風は案の定とても2mとは思えん。先客に声掛けして状況を聞いてみたらイカ狙い。さっき帰った人がAORとモンゴを釣った、とのこと。こんな天気だがうねりはそれほど大きくないしイカはイケるようだ。

車に戻りソアレ800LT+ルビをセットして参戦。30分ほど撃ってみたが何も無し。先客氏は800級のモンゴをゲットしていた。

後で来てもいいがこの風ではここでタコ粘りは無しだな、と移動。

IB左港、18時前に到着して釣り座へ。

あと少しで完全に暗くなる、というタイミング。見え魚は確認できないがイケるはず!と撃ち始めた。

長いテトラ帯をヒョイヒョイ渡り歩きながら撃ち続けるも一向にバイト無し。それでも暗くなった頃には、と頑張ったが全くダメなままだった。

完全に暗くなる直前に試しに足元のテトラの間にワームを落として沈めて探ってみたら乗らなかったがバイトがあった。好条件が揃っているハズなのになぜかメバルが浮いて来ずに穴の奥に居るらしい。

この後少し粘ったが諦め撤収、ダメ元で同じく風裏のハズのCOLAPに行ってみることに。

19時前、COLAP、ここは初めてだが左の堤防を先端まで行ってみる。先端内側を軽く探ったが反応無し。テトラから外側を覗いてみるとIB左とは結構雰囲気が違う。

数投して見たが暗くてもわかるほど浅くてとても良さそうには見えず…ここは反対の堤防の方がいいのかも?いずれにせよ明るい時に来てみないとダメだ。撤収。

19時半、まさかのMB不発に消沈。こうなると雨風も恨めしい。

最後にKINTでやって完全終了と決めて向かう。夕方立ち寄った時の状況なら何とか我慢して釣りができる感じだったが風がパワーアップしていたら厳しい。

20時、到着、当然無人ww

支度をして釣り座に立つが右からの爆風が吹き荒れている。一応エギ竿も持ってきたがとても投げる気になれん。

重めのJHで周辺を一通り探ってみるが反応無し。うねりはそれほどでもなく「もしかしたらバイトがあるか?」と淡い期待をしたがダメ。終了だ。


このところずーっとボ無しだった内房でついに黒星を付けてしもた。やはり出撃すべきではなかった。
スポンサーサイト

2017.03.24 MB3つ

2017.03.23

新月大潮前若潮
13:18 124
20:21 047
03:53 145

MB18級×2、27㎝×1


23日は南房総で仕事、24日は朝イチで富津…仕事~釣り~仕事、のコンボをキメることにしたww

23日15時過ぎに仕事が終わり自由の身に。とりあえず寝る。

17時半に起動、IB左港へ。

潮は若潮で夕マズメは下げ7分、「他のPの方がイイか?」とも思ったが「ココだ!」という妙案も浮かばずいつものPへ。

潮色は青緑ですっかり春の感じ。
170323umi.jpg

ソアレS800LT+ルビで奥側から撃ち始めるが反応無し。半ば予期していたが実際に食らうとキツイ。

時間的には徐々に暗くなるタイミングで最高のハズだが‥。

やっと反応があった、と思えば20㎝のソゲ…。
170323soge.jpg

これは今回はアカンな、と思いながらも他に行くアテもなくテトラ上を移動しながら続けて先端から少し戻ったところでやっとバイト!

完全に暗くなる直前、サイズはイマイチの18級だが何とかボは免れ有り難くキープ(18:15)。
170323mb18.jpg

このすぐ後、「ツン!」と来て良型がヒット!テトラ際でドラグを鳴かされかなり抵抗されたが何とか抜き上げ、先ほどの18級とは全く違う、ロッドがぐんにゃり曲がってビビったが平らな場所に置いて一安心、デカい!

吊り上げている時はもしかしてメジナか!?と思ったがメバル、計測したら27㎝の自己記録更新(18:25)!
170323mb272.jpg

興奮冷めやらぬまま続行、すぐにヒット!

先ほどと同じ、テトラ上の藻際でのバイト、コイツは間違いなくさっきの27㎝よりパワフル!!

とにかく潜られてはヤバい、フロロ3lbを信じて強気でファイト、ドラグがジージー鳴らされるが相手が休んだらすかさず巻いて主導権を奪われないように、とやって足元、抜くタイミングを計っていたら最後の一ノシで痛恨のフックアウト…。

このPでは毎回このパターンが非常に多いが足場が悪くてタモなんか使えんし他にやりようがなくしょうがない。

手応えからして間違いなく27㎝のヤツより強かった、尺超え!?…悔しい。ラインブレイクではなくフックアウトだったし掛かりどころが悪かったと諦めるしかない。


この後は撃てども撃てども反応無しで19時過ぎに撤収。
170323takasakimb.jpg

いつもは食いが立つ暗くなる寸前には反応無く暗くなった直後にパタパタ、その後すぐに沈黙、時合は非常に短かった。

しかしチャンスは一瞬だがかなりの良型も期待できる!やはりここは攻める価値がある!!

今回テトラの斜面で落ちかけた。足を載せて体重を掛けたところでバランスを崩して危うくヤバい事態になるところだった…。やっぱテトラは怖い。

とりあえずボは回避できて一安心だが…もう少し数が出ればなぁ。

翌朝の仕事を考えると完徹は無理、どこかで切り上げ体力を温存せねばならなく持ち時間は多くは無いが今現在大ソコでここから上げ始めるまでには数時間かかる…。

冬イカ場は潮位が戻らないとダメ、となるとKINTかTの巣。だが今回は時間も無いし前回1つ獲れているのでTは割愛、下げ、大ソコにも実績があるKINTへ。

21時前に到着してみるといつもの釣り座には先客が、さらにその隣にも一人。しゃぁないので反対側へ。

AOR、MBならやはりいつもの場所がイイがモンゴならそこにこだわることも無い。いまだ行動が読めないAもあっちでしか可能性が無い、ということも無いように思える。

てことでわざわざ人がいるそばへ行くのもイヤだし離れて開始。

奥のシャロー、斜め沖、表層、ボトム、と一通りチェックしてみたがバイト無し。向こうを見ると先客は電気ウキのようだ。

エギにチェンジして各方向へ数投してまたワームに戻し惰性でキャスト。バイトも無く集中力がヤバくなってきたところにヒット!

ボーっとしていたのかいつ食ったかわからないが気づいたら引いてて慌てて抜き上げ、18級の黒MB(21:05)。
170324kanymb.jpg

Aが回って来ないか?と表層タダ巻きで適当に探っていたところへのヒットだった。続いて来ないか!?と続けたがそれ以降は反応無し。

ふと見ると電気ウキが見えない、竿仕舞いか?と見ていたら車が走り去った。「お!空いたな!?」と行ってみたらやはり無人でいつもの釣り座へ移動。

向こうで1尾出たがやはりこっちの方が気分が盛り上がる。まずはワームで表層からチェックしていく。

一通りチェックして無反応。エギに替えて撃ち込むがこれも異常無し。周辺に少なくとも3つは上がったと思しき痕跡があって期待したが今はダメなようだ。

またワームに戻してケミホキャロで遠目を探ってみたり始終投げ倒したがアカン。

誰も居ないので少し離れたとこでエギを投げていたらそそくさと現れたエギマンが人の隣2mに陣取りやがった。

すぐに投げたエギを回収して釣り座に戻ったがその御仁は距離を空けることもせずそのまま近距離で続行、挨拶も無い。

かなり気分が悪かったがこちらも無視して続行。2mだと8ftのロッドで振りかぶったら下手すりゃオマエを釣っちゃうよ、って距離だが少なくともこちらが気を遣う筋合いではないわ。

先日会った人のように気さくな隣人ならいいのだがこういうヤツが至近距離に居るとやな感じだ。

結局24時過ぎまで投げ続けたが微かなバイトが2度ほどあったのみ。潮も上げて来て残り時間もあまりない。

イケ好かないヤローにみすみす釣り座を明け渡すのが嫌で反応も無いのに続けたがもうイイや、と片づけ撤収、冬イカ場へ。

25時前に冬イカ場。過去の実績上この時間帯に潮位がある時にはヒットの確立が高め。風も微風でウネリも無く良い条件。期待して投げ始めたが一通り撃って反応なく回遊待ちの持久戦に突入。

こうなるといつ来るかは全く読めないし結局来ないかも知れない。持ち時間も厳しくなって来たしあまり深追いはできん。

今回はソアレ800LTも持ち込んできていてワームも投げてみたがこれも反応無し。しばらく続けたがキリがないと判断、ヤメ。

2時を回っていよいよ時間が無い。ここでヤメて風呂に入って寝るか風呂を諦めてIB左へ再挑戦するか!?

夕方バラした大物の手応えが忘れられず今回は風呂を諦めIB左港へ。

結果、1時間ほど撃ったがノーバイト。テトラ上を渡り歩きながらあちこち撃ちまくったがアカンかった。居ないはずは無いのだがやはり時合でないと全く食わないのか!?

最後に港内側をチェックしたら黒MBの子供がヒット、リリースして終了。

******************************************

終始微風に恵まれたのは良かったが内容はイマイチだった。
170324all.jpg


IB左のMBは食う時と食わない時がはっきりしている。経験が少なく確信は無いが今のところ仮説として「潮が動かない時間はアカンのではないか?」と思っている。

KINTLCだと潮止まりの時間帯でも流れが止まることは無いがここはペッタリ動かなくなる時間がある。「流れ」がカギのような気がする。

KINTのモンゴは開幕しているとはいえまだまだ不安定な印象。

Aはこれで2回スカされた。偶然釣れることはあっても狙って獲る、というのは厳しい気がしてきた。

2017.03.21 内房

2017.03.21


満月大潮後小潮3日目
16:04 056
23:52 116
03:53 109

MB18級×2、トンガリ(メス)×1、T400級×1、モンゴ400級×1


3連休最終日の夜から出撃。翌午前中に君津で仕事があり本当はその後で釣りをするつもりだったが雨&爆予報、夜通し釣りをしてから仕事、というのはキツいが仕方ない。

20日の仕事を午前中に終えて帰宅後支度をして14時頃出撃。


日が落ちるまでデビリング~夕マズメMB~冬イカ~KINTのいつものコース、ただし翌日の仕事の分は体力を残さねばならないのが難しいところだ。


17時半にTの巣、軽くチェックして乗り無し、B左港へ。

B左港、連休中だが狙いのテトラ帯には誰も居なく道具を持ってエントリー。

もう暗くなる寸前だったが辛うじて周りが見える。浮きメバルは見えず、潮は小潮らしくペッタリ、風は微風。

最初はプラグを結んでみた。先日324円で仕入れたラパラCD3(?)ブルー。

下したてをロスト、ってのは避けたいのでテトラから少し離したラインをトレース。どのくらい沈んでいるかよくわからずおっかなびっくりだが数投目にバイト、1尾目(18:15)。
170320mb1.jpg

18級で微妙だがキープ、「続けばいいが…」と期待したがその後は続かず、「タイトに狙うしかないな」とワームに変更、0.8gで根の上を通す。

数投目で足元の藻の上でヒット、コイツは無感のバイトで気づいたら食ってた、同じく18級。

完全に暗くなりテトラ上を渡り歩きながら探っていくがここから先はノーバイト…。19時過ぎにあきらめて撤収。
170320mb2.jpg

経験値の少なさで状況がつかみ切れていないが仮説としては潮が動かず活性が著しく下がって根の中から出てこなかった、ではないかと思う。金MBだし一斉にどこかへ移動した、ということではないように思うが…。

腹ごしらえをして赤灯で一服がてら数投、異常無しで冬イカ場へ。


冬イカ場。潮位は高くは無いがやりづらいほど低くも無い。回遊に当っていれば答えは早く出るがどうか?と探っていくが一通り投げてみてノーバイト。

こうなると回遊待ちの持久戦、「結局回って来ませんでした」、ってのもあり得るし明日を考えると釣りができる時間にも限りがある。

テトラ際を攻められないほど潮が引くようなら踏ん切りがつくが小潮で潮位安定、「どうしようかな?」と迷いながら続けて22時半前、いつもの右斜めに投げ底から中層までシャクり上げてのフォールで次シャクったら乗った!

ジェットは感じるが弱いし軽い、寄せてみたら小ぶりのトンガリ!
170320yaeri2.jpg

今季2杯目、ウレシイ獲物だがいかんせんシーズン終盤らしく小型のメス。袋にしまって続行するがいつも通り単発で続かず。何も無しか?と諦めかけていたところに1杯出たし上出来か、と撤収。

KINTへ行く前にTの巣に再挑戦。「夕方は居なかったし軽く探って次行くべ」と開始して最初のコーナー前で「ムニュっ」っと違和感。軽く聞いて動かないのを確認して「とりゃっ!」っとリフトしたら良い重量感!

リフト前の巻取りが不十分で無様な対応だったが小物だったので無事ゲット、400くらいのデビル!(23:11)
170320t.jpg

ちと小さいがキープ、続けて端まで探ったが追釣無し。4㎏ポイントで取れない根掛かりでデビル1機ロスト。夕方来た時に引っかかったら取れなそうなゴミが沈んでいるのを見たがたぶんソイツに引っ掛けてしまった。

まあしかしTも獲れたので良い気分で次、KINTへ。

車が2台居たので空いていないかと思ったが人は居なくていつもの釣り座をゲット。眠気と疲れで結構キツイ、クーラーを持ち込み椅子にして開始。


前回良型が釣れた左側へプラグを投げ込んでみたがバイト無し。ワームにチェンジしてタダ巻き~強めアクション、と周辺を撃ってみるがこれもバイト無し。

どうもMB、A、ともにお留守っぽい。AはともかくMBは居るはずだが反応するときとしないときの違いがいまだに分からん。

気分を変えてエギにチェンジ。3連休で上がっているだろうと思ったが周辺に痕跡は無し。適当にあちこち投げて探っていたらしばらくしてボトムズルズルに違和感、軽く聞いたら重い!50%くらいの確信で「とりゃ!」っとアワセたら乗った!

手応えはイカだが引かない!?まったくというくらいジェットを感じず「ゴミか!??」と思い寄せてから照らしてみたらやっぱりイカ!モンゴ(0:58)。
170321mong.jpg

タモで掬ってからもあんまし動かず「弱ってるのか?」と思ったがそういう訳でもないらしい。

「続くか?」と期待したがこれ1杯の単発でその後は沈黙。

しばらくシャクって反応無く「Aが回って来るかも!?」とワームに戻ししばらく投げてまたエギにチェンジ、イカメタルなんかも投げつつたまに左へ投げてヒラシバス、MBもチェック、とひたすら続けたが結局この後は何も無し。

いよいよ眠いし明日がヤバい。3時45分に納竿。


*******************************************

カタルシスに欠ける展開で不完全燃焼な感じがしたがよく考えてみれば回ったPごとにサイズはともかく狙いの獲物をゲットしていて決して悪くない、というか上出来な結果だった。
170321all.jpg

ケミホが装着できるキャロを試してみたがやはり灯りの無い釣り場ではルアーの位置が見えるのはやりやすい。

緑色に光るベイトが多数寄っていたのでケミホの光がイイ感じか、と思ったがバイトは無し。

MBの胃袋は2尾ともシラスが入っていた。こないだまではアミだったがやはり春になってきているようだ。

2017.03.16 外ボ

20170316

満月大潮後中潮2日目
19:02 124
00:56 043

ボ

仕事で勝浦、19時半過ぎに終わって海へ。

20時前に息止。前回はソコリ前にAが入っていたので期待したが一通り撃ってバイト無し。

外海は思った以上に荒れていたようで港内も濁り・ゴミが激しい。一番奥の干潮時干上がるところに以前何かが群れていたのを思い出し撃ってみたらワカサギかチカのような小魚がスレで掛かった。
170313bait3.jpg

10㎝くらいあってマメAのベイトにしてはちと大きいが25級なら喜んで食いそう。何故居ないのか…。

翌日があり粘っても24時まで、とシンデレラフィッシングなので深追いは禁物、次へ。

トンガリの情報があり気になっていたAM、いつものところでワーム~チビエギを投げてみたが何も無し。21:30。

最後に前回マメが沸いていたKT。こないだの釣り座が空いていたのでやってみるが反応無し。ここも浮遊ゴミ・濁りが激しい。

ライズも見えず考えられる限り、深い・浅い・速い・遅い、とやってみたがダメ。本格Aジンガっぽい隣人にもバイトも無いとの事だったので居なかったとみてよさそう。

ここは風裏にならず横からの強風、リミットの24時を待たず23時過ぎに納竿。

2017.03.12 内房イロイロ

2017.03.12

満月大潮2日目
16:33 139
22:58 014
05:17 132

金MB18~23㎝×6
黒MB23~26㎝×2
A24㎝×1
モンゴ200級×1
ヒラシバス39㎝×1

日曜夜~月朝にかけて風1~2予報!月曜はオフだしちょうどいい!出撃ケテーイ!

2時に家を出て5時半にIB左で開始、今回は雨で終了させられることも無さそうだしじっくりやってみるつもり。

着いてみたら3~4の風、また騙された。北寄りの時は予報より強く吹く確率が高い気がするがどうなのか。

だが後ろからの風向きになりテトラの向こうへ降りるとほぼ無風で投げられる。先端少し手前にバッカンその他を置いて戦闘開始。

タックルはいつものソアレS800LT+ルビ(フロロ3lb)、前回の教訓で風が弱くてもここではフロロの方が無難。
(ストラクチャーをタイトに攻めねばならず根掛かり多発、切れる度にリーダー結んでたら時合が終わっちまう)

前日見た動画に触発されて最初はプラグで狙ってみようとまずはシンペンを結ぶがイマイチピンと来なくてチェンジ、ずんぐりしたシンキングのミノーで狙う。

まだ明るくて水中の様子が見える。テトラに生えた藻の上を通すとドチビが反応するのが見えて「イケる!」と確信、続けていたらやはり藻の上で「ゴっ」っと来て18級がヒット!!
170312mb01.jpg

プラグでの初釣果!まだ明るいし幸先良いスタートだがその後は続かず、だんだん暗くなってきてプラグではロストしそうなのでワームにチェンジ。

やはり前日見た動画で結構速くリトリーブしていたので速い動きの方が見切られなくて良いのか?と1gのJHで真似てみるが一向に反応が無くそのうちすっかり暗くなってしまった。

テトラ帯は貸し切りだったのであちこち釣り座を替えワームも替えながらやってみるがダメ、まさかのマズメノーバイトを食らい焦る。

答えが出たのは暗くなってから。あまりに反応が無いので早巻きをヤメて藻の上、というか藻の中を通すくらいの気持ちでスローに引くようにしたら金魚がヒット、「これか!?」と同じようにやってすぐに20級がヒット!
170312mb02.jpg

2尾目までが遠かった。どうも活性が低く夕マズメ~日没後になっても藻の中から出てこない状況で着き場(藻の中)をタイトにゆっくり通さないと食ってくれない、ということのようだった。

これに気づいてからはポツポツとだがヒットを稼ぎ21時に撤収するまでに5尾の金MBをゲット。パターンに気づいてからも連チャンには程遠く1尾釣ってはテトラを移動してまた1尾、という具合の拾い釣り、一番の大物(たぶん25級)は激しい突っ込みに耐えて抜くタイミングを計っていたらフックアウト…。
170312mbs.jpg

少しドラグが緩かった。ここでは掛かったらまずこっちを向かせて強気で寄せないとヤバい。足場も悪く抜き上げポイントもあらかじめ考えて立ち位置を決めないとどうにもならなくなる。

日が落ちてからも満月が明るく結構見えてやりやすかった。だいぶ下げて来て藻際をタイトに通すのがしんどくなってきて撤収。「入れ食い」には程遠かったが最終的には5尾獲れて満足。

かなり下げておりもう冬イカ場はやりづらいのでパス、23時の大ソコまではKINTLCでA、MB、イカを狙ってみる。KINTLCでは思い返すと「下げ」での好釣が結構記憶にある。

途中でTの巣に寄りデビリングで探ったが乗り無し。

22時前にKINTLC、無人でいつもの釣り座を確保、着いてみたら危惧した風は微風、ショアガン+バンキとソアレS800LT+レアニを持ってエントリー。こっちはオープンなPなので微風ならPEがいい。

手始めに1gで周りを探ったが無反応。ARキャロ+0.6gに替えて遠目を狙ってみたがこれも反応無し。

昨春ジグを投げ倒した時の経験から角斜め沖の潮がヨレるところに魚が溜まるスポットがあるのを思い出しシラス食いのAが居るかも?と思ったが不発だった。

一通り探ってイカ竿に持ち替えシャクり。3月に入り開幕しているだろうとの読み通り痕跡をいくつか確認、この週末で何杯か上がったようで期待できそうだ。

しかしやってみると期待に反して反応無し。誰も居ないので右端まで行ってみたが真ん中あたりにも二つほど痕跡あり。タイミングが合えば釣れそうだが…。

AはともかくMBもイカもお留守で潮はすっかり底。この時点で選択肢はいったん仮眠するか続けるかの2択。今朝は6時に起きてひと仕事終えてきており休みたいのはヤマヤマだがそうすると起きてからここで粘るか冬イカ場へ行くかになる。反応が無いとは言えもう少しここでAを狙ってみたいと思い続行。

全く反応が無いのだが釣れる時は前触れなく「コっ」っと来るのでヤメ時が見つけづらい。惰性で投げ続けていたら0時45分、「クッ!」っとキタ!

キャロで遠投したが食ったのは結構手前のJH単体で届く距離の表層、最初はAとは思わなくてカマスでも釣れたらいいな、と引きをいなして寄せ、タイミングを見て抜き上げ、岸壁に上げてよく見たらAだ!!
170312a3.jpg

やはり25弱くらいの前に釣れたのと同じくらいの型、前触れなど無く突然のヒットだった。

撮影してバッカンに投入して次投、回遊してきても時合は非常に短い、、もたもたしてたら終わってしまう。

しかし期待も空しくその後追釣なく沈黙、一度「ゴっ」っというバイトがあったが乗らず。

ヒットしたのは前と同じ岸壁から軽く左、10m以内の表層タダ巻き。1か月経っているがパターンは同じのようだ。やはりシラス食いだろうか?



キャロ仕掛けのままで少し続けたがバイト無し。さっきの感じからすればジグ単で十分届く範囲だった。届かない沖目を回遊していたら、と思いキャロでやっていたが必要ないかも。

ジグ単1.5gにチェンジして続行、沈黙が続いたが1時過ぎに「ゴっ」っとキタ!

「ヤタ!キタコレ!」と興奮したがAにしてはヒキが重い!?ゴリ寄せて抜き上げたらメバルだった!
170313mb01.jpg

金メバの23㎝級、表層チョイ下タダ巻きで食ってきた。それまでまったく反応無かったが回って来た?or食い気が出てきた?上げに転じて2時間、潮は動き始めていそうだが良くワカラン。

ひたすら投げ続けたがそこから沈黙、飽きて来たのでエギにチェンジ。さっき無反応だったのであんまり気が入らないが数投目で手応え!

フォールからシャクったらズシッと来てイカがヒット!ジェットは弱く重さも軽い。もしかしてとんがったヤツか!?とWKTKしながら寄せたら小ぶりなコーちゃんだった!(200gくらい、1:28)
170313mong.jpg

数狙えるか!?と期待してシャクったが1杯きり。

少ししてJHにチェンジ。「エギを投げてる間にAが回遊してきているのではないか??」という妄想がどうしても頭に浮かんで集中できん。パチスロで「次に絶対入っていない目が出たらヤメよう」と考えつつ気づいたら全部飲まれてるパターンに近いww

表層に飽きたらボトム、また表層、てな感じで黙々と投げ続けたがバイトも無くダレて来た。気分を変えて「左の岩礁帯の沖を狙ってみよう」と思い立ちフルキャスト。こっち側は油断するとすぐに根掛かりするので恐ろしい。買ったばかりのメタジを1投目ロストしたりと苦い思い出があり潮位が低いと投げるのに躊躇する。

1.5gのままなので結構飛ぶ。手前の岩棚は超えて行ったと思うが上げ5分を過ぎたとは言えのんびりしていたらすぐに根掛かる。着水と同時にスラックを取ってリーリング、1回転4カウントくらいの速さで巻いて来たらすぐに「トゥンっ!」っとキタ!

すぐに竿を立てて戦闘開始、コレが良いヒキでグッドサイズ確定!強めにしたドラグがチリチリ鳴かされながらも潜られてはアカンとゴリ巻き、無事に寄せて抜き上げ、26㎝の黒メバ!!(2:06)
170313mb04.jpg

手前では全く反応無かったがこっちに居たのか!?と続けて同じ場所へキャスト、すぐにバイトがあり23㎝の黒を追加。しかし場が荒れたのかその後3投目4投目と沈黙、思い切ってさらに左の岩礁帯へ根掛かり覚悟で投げて表層を引いて来たら「トンッ!」っとキタ!!

コイツはデカい!!ちょっとヤベェかな!?と引きに耐えていたらジャンプしやがった!?シバス君ですわ!

シバスは久しぶりだし翌日の寿司ネタが1品増えるのは大歓迎!「バレるなよ」と祈りつつファイト、4回くらいエラ洗いされてヒヤヒヤしたが師匠の教えを思い出し竿を寝かせて対応、何とか寄せた。

掛かりどころは良さそうだがタモが遠く後じさりしてやっと手に取りランディング。
170313hirasibas01.jpg

何と!ヒラシバスだった!目測で45くらいあるかな?と思ったが帰宅後計測39㎝、(2:14)背っぱっているので大きく感じた。

ここからは続かず。何も釣れない時間が過ぎて3時頃に釣り師が現れ話したら一月前にここで会った人だった。

偶然再会した隣人と駄弁りながら投げ続けたが一向に反応無し。4時半まで粘ったが体力が限界、今回は十分満たされた、マヅメは目前だが完全納竿。

*********************************************

決してポンポン釣れたわけでは無いのだが終わってみれば満足な釣りとなった。
170313all2.jpg

Aは相変わらず不確定だが1尾とは言え出たのは大きい。全く読めないがもし良い時に当ったら楽しめそうだ。

これでここでのAは3度目だが最初は3時(上げ5分)、次は1時過ぎ(中潮大ソコから1時間後)、そして今回は23:45(大潮大ソコから約1時間)、規則性は見えない、というか回遊魚の行動に釣り人に都合の良い規則性など無いのかw


FAMELメバル3lbは使用2度目だが回復可能なバックラが2回あったもののやはりしなやかで良い感じ、もうこれからフロロはこれ1本で行こう。

左の岩礁際、シバスが付くようだ。以前にも地元師が夜明け前に来てセイゴ~フッコ級を何本か上げていくのを見たことがある。

左のメバルは2尾連チャンしたがそれきり、時合の問題なのか沖に群れが居るのか?手前の根掛かりには要注意だがキャロ遠投で狙ってみる価値ありかも。

1.5g単体で届く範囲ではその後は反応無し。今回は上げ5分のタイミングだったが…。

照明をつけた乗り合いが沖に止まっていたがイカ船ではないか?という。だとしたらトンガリ?可能性あるのか

メバルは基本アミだがシラスやイワシを呑んでいるのも居た。アジはアミとシラス。
170313stmac.jpg

黒メバ1尾だけ赤黒い寄生虫、袋に入っていた

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR