2017 メバル考01(IB左)

新しいメバル場(IB左)を見つけてから通いこんでいるがなかなか一筋縄では行かない。

新場所はテトラと藻の中にメバがいてほぼ全て金メバ。

17年3月1日の夕マズメに初めて訪れてその時は5尾。これまでで一番活性が高くテトラ&藻から少し離れたところにたくさんのMBが泳ぐのが見えた。

それ以降はそういったことは無く藻の中をタイトに攻めてやっとバイトが得られる感じ。

潮(流れ)が無いと良くないのか?と思ったが26日は潮は動いていたがバイト無し。試しに足元の穴の中に落として誘ってみたら食い込まないバイトがありたぶん隠れ家の奥から出てきていないのだと思われる。

どう攻めたら良いのか妙案無く迷走中。フックポイントをワームの中に隠して穴釣りで攻めることも考え中。
スポンサーサイト

2017.04.29 連休出撃 MB27.5

2017.04.29

新月大潮後中潮2日目
18:33 153
00:06 078
05:42 154

MB27.5×2、24×1、20~22×3
リリス16級×4、ネンブツ


今年も灰色週間がやってきてしまった。2週間の自粛も考えたが振り返ってみると毎年自粛しようと思いながらできず魔が刺して連休中に出撃、「もう二度と行かん」と記している。

人間ってのは学習しないもんだw
今年も「2週間の断釣は長すぎる」と天気予報を確認、28日仕事を終えてから出撃。

メジャー場はどこも釣りにならんのは間違いないが辛うじて深夜なら入れるスキがあるか?行ってみてイケそうならKINTで甲。あとはやはりメバ。第二冬P、クレーン、IB左、P堤、いずれもメバの釣り座はまず人が入らなそうなのでどこかでやれるべ!?と。

てくてく走りながらまずはP堤を覗いて満車でなければ行ってみっぺ、と決めた。

着いてみると先客1台、ちょうど上がって帰るところで少し情報交換。狙いはイカだが気配無し、夕方までいた他の人達も獲物無しで帰って行ったらしい。それとKINTの甲も好釣したのは先週末だけで今日あたりも全然上がってない状況だという。

19時、先客氏が帰って貸し切り、これは意外。だがもともと狙いは前回唯一反応があった奥の釣り座なので人がいたとしても空いてたな。

途中には目もくれず奥へ。1投、2投と反応無く「やっぱそう来たか!?」と思ったところへバイト!

コイツは乗らなかったがやっぱここに居るみたい!続けて撃ってすぐに16級がヒット!(19:39)
170429mb1601.jpg

小気味よい明確なバイトで食ってくれた!リリスして同じコースへ次投、同じくらいのが連ヒット!こいつもリリスして続行、「こりゃあ楽しめるかな」と思ったが沈黙。
170429mb1602.jpg

居るのはわかったし何とか引き出せるハズ!?と続けていて沖では無く岸方向のゴロタ場へ投げてみたらハッキリしないバイトで22級がヒット!(20:13)
170429mb22.jpg

こっちにも居るということは広く散っているのか!?ボは回避して気も楽、周辺を広く探ってみる。

ここからは苦戦、バイトは何度もあったがことごとく乗らず、角沖の障害物の向こうで食ったヤツは良い型のようだった。攻めづらいがやっぱあそこにはイイのが着いている。

弱風、貸し切りで反応もあり夢中になってやっていたが追釣なくバイトも遠のき21:30に撤収。

さて、次はどうすっか!?

とりあえずKINTで入るスキがあったらやってみよう、と行ってみたら車は多いが人は意外と疎らでこれなら、と台の左側に陣取り開始。

始めてすぐに左側に灯光器師が入った。前回聞いたケンチャキ情報が回っているかいい思いをした本人か。とりあえず状況次第ではオコボレに預かれるかも?としばらく続けたが無反。途中で移動しようかと思ったが周りを見たらそれなりに人が入っていて移動は難しい。

ヘッドランプを点けっぱなしで投げているヤツが隣に居たりして苦痛だったが耐えて24時過ぎに撤収。

いい加減眠い。翌日は午後にちょっと仕事があるので少しは寝ておかないとヤバい。ここで休憩にしようかと思ったが折しも過去二回第二冬Pで好釣した時間帯だと気付いて一応行って反応悪ければ寝て夜明け前に賭ける、と決めた。

途中カップ麺で体を温め第二冬Pへ。危惧した通りあと1台で満車、運よく停められて釣り座へ。

駐車スペースの様子から人がたくさん居るのはわかっていたが予想通り俺のMB場でやっている人は居ない。

チョイ先にヘッドランプ点けっぱなしの4人連れが居て閉口したが強い精神力で見えないことにして開始。

点けっぱなし軍団がイチイチ人の周りをペカペカ照らすのでこれじゃ釣れるもんも釣れん、と思ったが意外なことに数投目で22級がヒット!

こんな浅場でペカペカやられて影響がないのか!?と意外だったが反応があるのなら、と続行。すぐに次のヒットがあったが惜しくもバラシ…。

先の方に居るツケッパ軍団にあまり近づかないようにだいぶ下がった潮位の中やっていたら少ししてヒット!

最初の一ノシで良型確定!引きに耐えつつ慎重に寄せて来たら途中で藻に潜られ動かなくなった…。

竿尻をトントンやったら出てくる、というマメ知識を思い出しやってみたらホントに出て来てくれてそこからは少々強気で寄せ、一気に抜き上げ!

ファイト中はそこまでとは思わなかったが地面に置いて見たらでっぷりして結構な型!手尺では微妙に尺未満、こないだのよりデカいかも!(後に計測27.5㎝、1:16)
170429mb275.jpg

やっぱこのPは良型が出る!マンプレッシャーからすると意外だが前回よりは反応もいい!

投げながら目を凝らしていると時々MBらしき魚が表層でモジるのが夜光虫の軌跡で見える。試しにシラスベイトLLFを投げて「チョン」とやって放置、というのを繰り返してみたがこれにはバイト無し。

眠気はピークだったがワームに戻しそのまま続けてリリスサイズが1尾、バイト多数、2時過ぎにアタリが遠のきいったん撤収するまでに大型が2尾、20級も2尾。
170429mbyoru.jpg

3時過ぎに再起動、釣り座に戻ってみるとペカペカ団はまだ居るが寝ているヤツもいるらしく釣り座には2人。

まだ時間がある、と思っていたが意外なほど早く空が青みを帯びて来てのんびりしていたらすぐに終了しそう。

再開してすぐに24㎝がヒット、満潮マヅメで最強のハズだが昨夜のソコリ~上げ始めの方が食いは良かったように感じる。
170429mb24asa.jpg

24㎝の後はイマイチ反応悪くクレーンも気になっていたので完全に明るくなる前に思い切って移動。

クレーン。こっちは相席者が居ないので良いが下に居るエギソガが投げ方向的に軽くバッティングする。

彼らを気にしながら探って16級が1尾、ネンブツが2尾w
170429nenbutu.jpg

明るくなって終了、結局朝マヅメの部は24㎝1尾。
翌日捌いて腹の中身を見たら青イソの中太くらいのイソメ類が目立った。
他に7~8㎝のイワシのような小魚も出てきた。

*****************************************
170429mb27501.jpg

170429all.jpg

27級2尾を含めキープサイズ6尾、灰色週間中の釣行としては上出来だ。人は多いがエギソガが一番多く後はエサ師、MB狙いの同業者はまずいなくてMB場は空いていた。



クレーンは去年は5尾くらい出たこともあったがその後低調、今期に入ってからもよいところが無くPの実力としては第二冬Pの方が格段に高いようだ。

その第二冬Pはこれで3回目だが毎回朝夕マズメより23~26時くらいの夜中の方が食いがイイ。潮回りは毎回いろいろで今回はソコリからの上げ初めだったが関係無いようだ。

前回以来気になっていたプラグも試してみたが一度もバイトを得られず。すべて新品フックに替えて万全だったのに…人が居なくて静かな時にまた試してみたい。

2017.04.24 MB27㎝×2

2017.04.24

新月大潮前中潮

15:56 146
21:55 055
03:59 153
10:19 039

MB21~22㎝×2、27㎝×2
キス×2、メゴチ12㎝×1


終夜1mの微風予報、スケジュルも空いてて問題無し、出撃。

何と言っても前回好釣した第二冬イカ場のメバが気になる。良い思いをして味を占めての再釣行はスカされる確率が高めだが行かずにはおられないw

そのほか今回は久しぶりにエサ釣りもやってみることにした。4月も半ばを折り返しているしキスがイイ感じになっているハズ。

倉庫から投げ竿を引っ張り出して積み込み出発、昼過ぎには到着するつもりが何だかんだで15時になってしもた。

目論見としては日没まで第二冬イカ場でチョイキス、マズメはそのままメバ釣り、この通り行けば非常に美しい流れだが…。

15時に現着、釣り人はいるが狙いのPは無人でタックルを準備。

とりあえずショアガン+バンキにキス天秤を付けてチョイ投げ。エサは青イソ30g。

ナス3号でブン投げるがメバポイントからだと張り出したテラスが邪魔でわずかな距離しか探れない。数投してアタリも無いので反対のビーチ側を試したらツブ根がキツいようで引っかかって上手くない。

目論見通りに行かないのはいつも通りだが出遅れているだけにモタモタしていたらマズメになってしまう。

一応手持ちのメバ用プラグの泳ぎを確認してこの場は終了、投げ竿を持ち出して白灯へ。

久しぶりの白灯、先客は無くいつもの釣り座で開始。潮はまったりして動きが感じられずアタリも無い。久々に期待して投げ竿まで持ち出したのにノーバイトはキツイっす、と心配になってきたところで待望の魚信!

しばしプルプル、ピクピクを楽しんで巻き始めるとちゃんと乗っている!上げてみたら12、3のピンだが本命!この際サイズは問わないので家族分くらいは釣れてくれ、と祈りつつ続行。

しかし甘くは無く18時過ぎまで続けて20級を1尾追加したのみで終了。これでは家族で天ぷらもままならん、エサは余っているし翌朝も挑戦か…。
170424kiss.jpg

投げ竿を片付けて第二冬イカ場でメバ。ちょうど暗くなる頃合いでまさに最高潮、のハズだがバイト無し…。

「マヂっすか!?勘弁してくださいまし‥」とひつこく投げ続けてやっとバイト!22級のグッドサイズが出てくれた!(18:45)
170424mbyuugata.jpg

この後20時まで続けたが惜しくも乗らないバイトが一度だけで追釣ならず。キス2尾にメバ1尾ではあまりにショッパイ、ヤバさムンムンになってきた。

KINTで釣れるまでひたすらエギを投げて夜明け前にまたここに挑戦、と考えながら撤収、途中でTの巣をチェックして異常無く移動。

飯を食ってKINTに21時半頃。車は2台ほど停まっていたがいつもの場所は無人らしく行ってみたら荷物だけ置いてあった…。

周辺を数投探ったところに持ち主が戻って来たので少し離れたところに移動。

反応が無く1投ごとに離れて行ってLCの右寄りで腰を落ち着けた。

まったり続けていたら釣り人が来て声を掛けられちょっと話したら集魚灯を使ってケンサッキを狙うという。

何でも昨晩照らして釣って爆ったらしく型もそこそこ大きいらしい。「隣でやってみるので良かったら一緒に」というのでお言葉に甘えて。

灯りが付いてすぐに小魚(ふぐ)が1尾現れたがそれっきり反応無し。隣人の話では点けて2~30分で始まりまっせ!というので期待して待つが一向に始まらずww

23時過ぎまで頑張ったが隣人に甲が一つ掛かったのみで「こりゃアカンな」と見切りをつけ移動して広く探ってみることにした。

荷物を持って反対サイドへ行ってみたら先週は無かった痕跡がそこら中に!どうやらこの週末にまとまって出たらしく期待できそうだ!

端から開始、徐々に移動しながら撃って行くが一向に乗らず…。眠気と疲労でキツくなってきて名残惜しいがいったん切り上げ(24:30)。ケンサキの数釣りは一度味わいたかったが残念。

そのまま寝て3時頃に再起動しようかと思ったが気が変わった。前回MB好釣したのはこの時間帯だった。一応戻って撃ってみて反応無ければ寝よう、と移動。

戻って撃ってみると夕方と同じような状況で前回のような好釣は無さそうだが時々バイトがあって夕方よりは少しマシな感じ。

あちこち立ち位置を変えながら撃ちまくって22級がヒット!(1:25)
170424mbyonaka.jpg

全くダメ、って訳では無い、何とかもうイッチョ!と続けていたら左の端に近いところから投げてテラスの上の藻場を通して「コっ」っとキタ!

とっさに竿を立てて応戦、デカい!!強烈なヒキでドラグは鳴りっぱなし、突っ込みに耐えるのが精いっぱいで巻けない!

そうこうするうち藻に突っ込まれて動かなくなってしまったが今回も運良くすぐに抜けてくれて強引に巻いて足元へ!フッキングはしっかりしているようで迷っても碌なことがねぇ、と一気に抜き上げ!

ドサッとヤツを岸壁上に置いて放心状態、「ヤバかった…」。(1:40)
170425mb27cm.jpg

ワームはホワイト系グロウのストレート2インチ。
170424wa-mu.jpg

腹パンではないがでっぷりと太って高さがありさっきの22級とは別の魚に見えるw手尺を当ててみると30には足りなそうだがもしかしたら…って感じ。後で測るのが楽しみだ。
170424mbsinnya02.jpg

そこからは時折バイトはあるが乗らず、盛り上がるとしたら夜明け前だろう?と見当を付けていったん休憩(2:40)。3:10にアラームをセットしたがすぐに起きられず、3:50に何とか起きだして慌てて釣り座に戻る。

KINTでのケンチャキ情報もあったし今回まだイカが釣れていないし、と最初は先端でイカ狙い。方向を変えながら4投したら空が薄青くなりだして気が気ではなく竿を持ち替えてMBの釣り座へ。

昨夕、深夜、ともBIGONEは出たものの活性は今一つだった。となればこの朝マズメに一番高活性状態が来るハズ!?期待しつつ開始!

青くなりだしてからは早い、もうヘッドランプが要らなくなるくらいに明るくなってきている。朝マズメはこの追い立てられるような、急かされているような感じがとてもイヤだ。青物なんかなら明るくなってからもチャンス継続だがメバル、Aはほぼ終了だ。この間にライントラブルなんかやらかしたらアウト…。

そんな急かされて落ち着かない気分でひたすら撃ち込んでいると時折食い込まないバイト、どうやら昨夜とあまり変わらない活性のようだ。

みるみる夜が明けて行き藻の位置が目視できるようになりやりやすい。

的確に狙ってキャストしているとライズが目に入った!

「ん!?やっぱ居るのは間違いねぇ!?」と気合を入れてキャストを続け昨夜のBIGONEが出た付近で微かな「コっ」というバイト!ロッドを立てたら乗った!!

「やっと食った!!」と感激したがヒトノシでデカいとわかるファイト!突っ込みに耐えて潜らせないようドラグが出るのもお構いなしに巻き続けて足元、抜き上げ!どすん(6:13)w

コイツも昨夜ほどでは無いようだがかなりの良型!今回、数はともかく方には恵まれている。
*帰宅後計測27㎝で昨夜のと同寸だった…。
170424mb27cm02.jpg

良型がHITして留飲は下げたがもうほとんど朝になってしまったし藻の上を通過させてガンガン食ってくれる状況ではない。

もう終わりかなぁ、と焦りながら撃ち続けていると明るくなってはいるがライズが出ているのに気付いた!

コレがまた「くふぅ~!」と呻きたくなるような場所でのライズで藻の隙間とかじゃなくまさに藻の中!

水面までビッシリ埋め尽くされた藻の中から時折メバが飛び出して何かを食っている…。

「これじゃ引っかからないところをいくら通してもヒットしない訳だ」と納得。

明るくてどうなっているか見えている、というアドバンテージを生かして藻の中にキャスト、引っかかっても気にせずJHの重さで落とせるところは落としてステイ、という釣り方を試すとたまにバイトが得られる。

「それならば」とワームを斜めに刺して針先を隠して投入、来る途中でオフセットフックを買おうかと迷って買わなかったのだが次回は用意してこよう、とか考えながら続ける。

結果、何度かバイトはあったがいずれも乗せられず、完全に朝になってしまいライズも無くなり敗北を認めた。とは言えかなりの良型を獲っているし良しとすべきか?

MBは終了して先端へ戻り軽くイカを探ってダメ、余りエサでチョイ投げもしてみたが全くのノーバイト、ヤメ。

Tの巣へ再挑戦、異常無しで最後に投げ釣りをしにUNKへ。

9時前に強風が吹きだして終了するまでに13㎝のメゴチが1尾。キスはまったく無反だった。
170425megochi.jpg


******************************************
170425all.jpg

新規MB場は辛うじて期待に応えてくれたがやはり前回よりバイト数は激減。終始藻の中からあまり出て来ずにしつこく通してやっと食う、といった状況だった。
170425mb27cm2.jpg

ただ、明るくなってからも藻の中でライズが確認できて食い気はあったと思う。前回みたいに藻の「そば」を通して食いに来てくれれば最高なんだが。

オフセットで針先を隠すのは有効のようだ。今回は普通のJHでワームが斜めになっていた状態で藻の中に突っ込んだが軽く引くとスルッと抜けてくれる。

藻から出て来てくれない状況だとプラグはおっかなくて使えず。だが、藻場のピンスポに投げてのほっとけ、がかなり有効ではないかと帰宅後考えていて気付いた。


巻かないと食わない!?というイメージが頭にいっぱいで「止め置き」という発想が出来なかったがライズはしているのだし逆に「止め置き」が良かったかもしれん。そう考えるとFやサスペンドのプラグならJH+ワームより使いやすいかも。


KINTのケンチャキ爆は実現しなかったが回遊に当れば祭りになる!?集魚灯は積みっぱなしで使っていないが今度誰も居ない時に試してみるかw

甲はこの週末で完全開幕、波はあるだろうが良い調子で釣れて来そうだ。


第二冬イカ場のMBは今回も楽しめた。しかし外房A、IB左港のように最初が一番良くてその後徐々にショボくなり終いににゃノーフィッシュ、となるのが最近のお決まりパターン。今回も前回のようにガンガン食ってはくれなかったしイヤな予感ヒシヒシ。


2017.04.20 MB好釣、シバス、モンゴ

2017.04.20

満月大潮後小潮3日目
18:24 059
01:59 134
08:05 093

金MB16~22×6、茶MB20~21×2、モンゴ250×1、シバス60×1

<リリス>
MB16×2、T300×1

終夜1~2mの予報、メバもイカもショッパイ釣りが続いてイマイチテンションがあがらないが出撃。

去年のようにカタクチは沸いておらず青物は気配無し。甲は開幕してはいるがまだまだ安定せず前回もアブレを食らった。AORはまだ早い。AJは超低確率でとてもあてにできん。Tは比較的安定だが在庫過多気味。MBはIB左港で安定か?と思ったのも束の間このところ釣果無し。

…ダメだわwww

いっそ外房でボ覚悟のA狙い、とも考えたがやはり却下。不調とは言えそれよりは内房で甲の方がまだ手堅い。思い切ってMBに絞りオールナイトでMB臭そうなPを片っ端から…、というのも考慮。




んで18時過ぎに内房。日没直前のタイミングだしメバルを釣りたいがIB左はサッパリだし他に手持ちのPでメバといえばKINTLCかクレーンくらいでどちらもあんまり期待できなそう。最初からKINTへ行って甲&MBか…?

走りながら考えて今回は新規開拓、P堤からやってみることにした。

以前一度だけメバタックルで挑んだことはあったがその時はチビカサゴだけ。マズメにじっくりやるのは初めて。

時期的にAORはまだだろうとメバタックルオンリーでエントリー。

手前角に荷物を置いて開始。最初はプラグから投げ始めた。まだ明るいので様子が見える。干潮潮止まりで流れはなくペッタリ。結構な海藻が繁茂していて隙間を通していくが無反。

気になって2.5号のエギを投げてみたりもしたが異常無くだいぶ暗くなってきてワームにチェンジ。

貸し切りだったので手前から奥へ岸壁際を撃ちながら探って行くが一向にバイト無し。「やっぱこう来たか」と気落ちしながら奥の角まで行って水面から頭を出している障害物回りを通したら「トゥン!」とキタ!これは乗らなかったが今のは間違いなくバイトだった!

これでテンションUP、角度を変えたりしながら何度も通すと時々バイトがある、が乗らない。

しばらく攻めてあきらめ手前の荷物置き場まで戻りながら撃って行くがこちらは無反。

奥角付近でしか反応が無い。それもバイトはあるが浅くて乗らないし「もう見切って移動すっか」とも思ったが少し時間が開いたしもう一度奥角を探ってみようと戻る。

ロッドだけ持って戻り例の障害物回りに撃ってみたらまたバイト、…乗らない。

「何とかならんのか!?」と立ち位置を変えていろいろな方向から通してみる。

崩れた堤防に乗って角から障害物の右に通してみたら「コン」ときて竿を上げたらやっと乗った!

ドチビでは無さそうな手応えでドラグがチリチリ出る。そんなにデカくは無いが久々にキープサイズのヒキ!

障害物の向こうで掛けたので早く寄せないとヤバい、と思う先から潜られてハンドルが巻けなくなった。

ほぼ無風だったのでPE03号、リールはレアニ。変なトコに擦られたら一巻の終わりだ、とヒヤヒヤしつつ軽いテンションで待ったら「グイグイ」と魚が動く気配が伝わって「そりゃ!」とリフトして巻いたら抜けてくれた!そのまま今度は主導権を渡さずゴリ巻きで無事に岸壁に抜き上げ!
170420mb01.jpg

19:40、20級の白?茶メバ。このサイズが出ればとりあえず納得ですww

やはり障害物回りに付いているらしい。右側はあまり探っていないのでまだ出るかも!と手前角から荷物を取って来て腰を据えて探る。

数投目に手前でバイト!これは小さく難なく抜き上げ、17級、リリース(19:54)。
170420mb02.jpg

さっきまではアタれどアタれど乗らなかったがここへ来てちゃんと食ってき始めた!?「まだイケる!」と続行。

再び崩れ堤防の角から右側を通して「ゴン」!今度は潜られないよう最初から強気で寄せて抜き上げ、さっきより良型の22級!
170420mb03.jpg

これでキープサイズが2尾!最近のホゲっぷりからすれば上出来な展開だww

この後20:45まで粘ったがバイト数回、追釣無し。

広い岸壁で1か所しか反応が無かったのは不満だがとりあえず新規開拓は成功、根だらけのPなので魚はいるハズ、条件が揃えば…次回以降に検証してみよう。

メシ休憩の後は一気に南下、気になっていた定員1名Pでメバリング。

ここも藻は多いし雰囲気は十分、だが期待に反して無反。先端まで行きヘチ、テトラ際、と一通り探ってヤメ。常夜灯があり結構明るい、ここも条件次第では期待できそうだが…。

新規場所で次々ヒットなどとそう上手くはいかん。次いでIB左。期待してはいなかったがやはり沈黙。早々に見切って移動。何だか知らんがテトラ際で潜水しているヤツがいた。密漁?

新場所といってももうネタ切れwwとりあえずクレーンPへ。

芳しくない中どうにか右奥で16級がヒットしたが続かず、リリスして撤収。
170420mb05.jpg

もうネタ切れ、KINTで甲狙いに行くか?と車に戻る途中で「第二冬イカ場でやってみっか!?」とひらめいた。

「クレーンで出るのならこっちでも出るはず!?」と思い一度狙ってみたことはあったがその時は不発、それ以来撃ったことは無かった。

以前は先端しか探らなかったが今回は手前の岸壁端からやってみた。

あまり来ないPで海藻の様子がイマイチつかめていないが星明りで何となく見定めてキャスト。

角からチョイ沖の障害物の間を通すように引いて来たらバイト!17級の小型だったがすぐに反応がありテンションUP(23:00)!
170420mb04.jpg

クレーンはダメだったがこっちに居たか!?と続けてキャスト、数投で20級がヒット!
170420mb05.jpg

釣れたのは金MB、暗くてよくわからないが引っかかる感じからして藻が険しい様子。

試しに先端周りを撃ってみたらこちらはノーバイト。戻って岸壁周辺を撃ったら連発!16~20チョイまでのが一時入れ食い!!

イチイチ藻に引っかかってやりづらいが藻から外れて「スー」っと引いていると「コン」と来る!

5尾くらい釣ったところで一際デカいのがヒット、何とか寄せたが暴れて抜き上げのタイミングを計っているところでフックアウト…。

良型は毎回コレだ…。手応えからして25オーバーだったと思うが…。

気を取り直して「これならプラグでもイケる?」とシンペン、ミノーと投げキャストごとにバイトがあるが一瞬乗ってすぐにバレる。どうもフックがダメっぽい。
170420mbtocyu.jpg

プラグで5回くらいバラシが続いてワームに戻したところでアタリが途絶えて無反に。とはいえ23時~25時まで結構長く釣れ続いてリリース1のキープ5、ワームで通していればもっと数が伸びたと思う。手応えから推測して25オーバーと思われるヒットが2回、ことごとくバラし…。

わかりやすい「コン」というバイトの他にはっきりしない「んむ」という感じのバイトが結構あった。藻に絡んだか?と竿を立てて聞くと乗っている、Aジングではモゾモゾアタリを経験していたがMBでは初めて。

25時過ぎにアタリが止まってからは手のひらを返したようにノーバイトで崖の方も探ってみたがやはり無反。祭り終了を受け入れて連チャンヒットした辺りをライトで照らしてみたら水深1mも無い岩棚のシャロー、見えていたら投げる気がしないくらい水面まで藻がビッシリだった。
170420mbz.jpg

まったく反応が無くなったので撤収。今年初めて夜光虫を確認、入れ食いモードの時はワームを追うメバルの軌跡が見えて激熱だった。

ここまででメバルのキープが7尾。型は22級止まりだがやはりMBは面白い!結構満ち足りた気分で次へ。

Tの巣。予想外のMB好釣で既に深夜過ぎ、KINTが気になるが一応軽く探って行くべ、とデビリング、端まで行って異常無く撤収。

KINT。右サイドに電気ウキが二つ見えたがいつもの釣り座は無人でメバ、エギ、の2タックルでエントリー。

まずはメバタックルでベビサ2inを左正面へ。岩礁帯の先辺りまで飛んで定速巻き。思った通りバイトが無いな、とだいぶ足元まで来たところで「コン」とキタ!!

まさかのバイトにロッドを立てたら乗った!最初はメバかと思ったが重い!メバルでは無さそう、サイズはデカいがノタノタした鈍重なヒキで「長物?」と思ったがこんなとこで長物は無い!?

抜き上げは無理なサイズなのは間違いない、無理に寄せてはヤバい、弱らせねば?と思ったがヒキを凌いでいるうちに「アレ、大したことないな?掬っちゃえばイケるかも?」と思えてきたw

角を回られて一瞬焦ったがラインを擦られるのは回避、思い切って寄せに掛かって照らしたらシバスだった!

サイズはそこそこだがジャンプもしないしイケそう?少し強気で寄せてタモ入れしたら難なくイン!
170421sibass.jpg

60くらいのシバスゲット!妙にヒキが弱かったのが?だがおかげでメバタックルで危なげなく獲れた。MB、シバスと白身が充実ww(2:20)

ここからは修行、というかここんとこの通常営業というか、投げどもシャクれども音沙汰なく時間が過ぎて行く。一度細長い魚影が表層を走るのが見えたり何となく魚の気配があって期待したが一向にバイトは無かった。

結局一睡もせずだが夜明けも早くなっており寝るタイミングは逸した。朝マヅメはさっきの第二冬イカ場に再挑戦してみたい、4時半までシャクって移動しようとアラームをセットしてひたすらシャクる。

最後は右サイドまで広く探ってノーヒット、前回の日曜夜以降の痕跡は真ん中あたりに一つだけ。やはり相当に渋い状況が続いているようだ。

4時半というのは遅すぎた。思う以上に夜明けが早くなっており4時半にはすでに東の空が青くなり始めていた。

焦りつつ片づけ、移動。4:45くらいに第二冬イカ場へ戻ったが完全に明るくなる直前、辛うじて17級が1尾ヒットしたがその後は反応無く完全に朝に。

一通り探ってからダメ元でクレーンに移動してみたがやはりノーバイト。もう30分早く戻っていたらもう少し楽しめたかも。

明るくなってあらためて昨夜の連発ポイントを観察。浅いのは確認済だったが加えて藻がすごい。見えていたらこんなとこ通さないな、と思うほどで投げるたびに引っかかっていたのももっともだ。

しかし逆に言うとこういう場所が金MBでは好ポイント、ということだ。様子が分かったので次はより効率的に探れる。

眠気がピークに近かったがもう少しだけ、とTの巣へ。いつも通り端から始めて岸壁真ん中、微妙な手応えで根掛かりかと思い強く引いたら外れて戻ってきた。「やっぱ根掛かりだったか!?」と思ったが何となくTだったような気もしてもう一度根掛かった付近に投入。しつこくシェイクしていたらデビルが見えなくなって「むにゅう」っと微妙な感触、試しにチョイチョイと誘ってから鬼リフトしたら本命が乗ってた!
170421t01.jpg

うまく抜き上げられたが300級、今回はリリス(6:26)。

そんなつもりではなかったのにまたしても完徹…。いい加減体がヤバい。休みなので急いで帰る必要もなくイカが出ていないのが心残りだがとりあえず近くに車を停めてダウン。


目覚めたら10時、一瞬、付け根の岸壁でモンゴ、と思ったがやっぱヤメ、KINTへ。

KINTの前に初T岸壁いつもの釣り座で数投してみたが無反、KINTへ。

誰も居ない。RCでモンゴ狙い。角付近を見ると昨夜は無かった痕跡が少なくとも2つ!マズメに第二冬イカ場へ戻った後に出たらしい。ちょっとヤル気が出てシャクっていると足元に小魚の群れがいるのに気付いた。

最初は「Aか!?」と思ったがどうも違うようだ。15~20くらいで銀色、Aより少し幅広、タナゴか!?

イカタックルのまま試しにワームを通してみたが無反。まあこういう見えてるやつはまず反応しないとは思ったが。

とりあえずAではないしイワシ系でもフグでもない。メジナっ子でもない。コノシロ?タナゴ?

反応しないので無視してエギ投げ。11時過ぎに斜め沖へ投げてシャクってきたところにヒット!
170421mong.jpg

250くらいの小さ目モンゴだが待望のイカゲット!何だかんだで結構な好釣に終わった。

170421all.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


MBはマズメにしか食わないのか!?と思い始めていたところに深夜の入れ食い、夕マズメの底から上げ8分のタイミングだったがたぶん運が良かっただけだろうなぁ。

後で確認したら「見えていたら投げないかも」、ってくらいのシャロー&藻場だったしちょうどたまたまソコでエサを漁っていたんだと思われる。

ずーっと続くのか?と思ったがそんなはずは無くやはり終息、入れ食いから全くのノーバイトへの状況変化、おそらく群れごと移動していったと思われる。

ともあれ、これでまた引き出しが増えた。やっぱ釣らないと上手くなれないよな。


2017.04.16 かろうじてT×1

2017.04.16

満月大潮後中潮4日目
20:30 134
01:39 096
07:09 132

T(1100g)×1
リリス:MB15~16×2

終夜南西2mということで出撃したが…。

このところのショッパイ釣果でイマイチテンションが上がらないがとりあえず出撃。

17時半頃KINT、車がビッシリ。やはり天気の良い日曜、ま、いいさ。

奥の裏でデビルチェック。どうみても5m以上の風が吹き荒れておりまたしても騙されたっぽい。ここは異常無く次へ。

IB左港が3連続ノーフィッシュで行く気になれん。かと言って夕マヅメに入るべきPは?というと「コレだ!」というところがない。

熟考の末赤灯テトラへ行ってみよう、と思ったが想定外に強い南西でうねりも高い。方角的に正面から風を受けると気付いた。

そう考えるとMBを狙えそうなPはすべてダメだ。マイッタ…。

もうダメ元で、というつもりでクレーンPへ。

見た途端投げる気もなくす、とまでは行かないがやはり三角波が立っていて厳しそうな状況。

他にあても無いし、と投げ始めたが反応無く「暗くなるまでは」と我慢して続けていたら右へアンダーハンドで投げたワームにいつの間にか15~6のMBが釣れていた。
170420mb01.jpg

サイズ的には物足りないが久しぶりのMB、こんな状況でも食ってくれた、と感激ww

リリースして続行、しばらくして同じサイズがもう1尾。
170416mb01.jpg

この後はバイトが一度あったのみで反応乏しく撤収。2尾とも右のドン詰まり付近でのヒットで南西時はこの奥にゴミが溜まっていることから吹き寄せられて来るエサを待っているのではないか?と推測。

次いで赤灯。クレーンから見ていて思ったがこのPは確かに南西を向いているものの山陰になっていて思ったほど風が直撃していないように思えた。

行ってみるとやはりそれほど荒れていない。数投して見たが反応無し、深追いはせず。

テトラ上に数か所痕跡を確認。濃さと量からみてコーイカではない。AORか!?細長いヤツか?

この後は内側をチェック。先端は先客ありで少し戻ったところで数投、ヤメ。先端のエギ師と話したら先週対岸でトンガリが釣れたとのこと。やはりさっきのテトラ上の痕跡もとんがったヤツなのかも?

Tの巣。いつも通り右端から開始、コーナーを回ってすぐにヒット!!

動かなくなった!?と思ったら石にハマっているだけでした、というのを何度か食らってだんだん雑になりそうなのを何とかこらえ何度目かの手応え、「どうせまたスカだべ!?」と思いながらも一応本命のつもりでリフトしたらズモォ!っとキタ!!
170416t01.jpg

キロはありそうな納得サイズでボを回避して一安心。(20:20、帰宅後計量1100g)

その後追釣は無くコンビニでメシにしてKINTへ。

夕方ほどの混雑はさすがにないだろうがこないだから釣り人が多く今回も何人かいると覚悟。着いてみたら案の定数台停まっている。

マイポジは断念、モンゴ狙いなら別にいつものところでなくてもいいので空いたところでやってくべ、とエントリー。

と、岸壁に行ってみたら左側が空いていた。南西&ウネリでいつもの釣り座は波を被っていたが少し手前に陣取った。

反対サイドには電気ウキが4つほど、こちら側には俺の後に一人、と思ったらすぐに二人目、コイツは結構近くに入って来てプレッシャーを感じてやな感じ。

まあ渋いんだろうな、と思いながら撃ち続けるがやはり無反。

22時を過ぎてうねりが治まり始めそのうち風も幾分弱くやりやすくなりいつもの釣り座へ移動。

ワーム~エギ~ワーム、と時々竿を持ち替えて続けるが一向に反応が無くつらい修行。それでも内心「1つくらいは出るだろ!?」と思っていたがまったく反応無いまま時間が過ぎて行き相席していた釣り師達もあらかた消えた。

寒さと眠気が耐えがたくなり0時半少し前に一旦撤収、車内でダウソ。

起きたら2:44、ションベンをして再び岸壁へ。今度は誰も居なくなっていて風は治まっている。

ここがラストチャンス、と無心に投げ続けるが無反…。4時半に薄明るくなり始めてシンペン、エビールなど投げてみるがやはりバイト無し。5時半になりいよいよ夜明け、というところでメタルマルほか一通り投げてみたがやはり無反。もしかしてシーバスでも!?と期待したが明るんできて観察するとそもそもベイトっ気が無い、アカン。

最後は右サイドも広く探って6時半に撤収。ノーバイト。土日明けだというのに岸壁には痕跡皆無、おそらくほとんど上がっていないようだ。

Tのお陰でクーラーは空ではないがとてもこれでは帰れん。残業決定。

初T、UNK、Tの巣、とモンゴorT狙いで転戦したがダメ、最後に桟橋をチェックして9時半に諦め納竿。

170416t.jpg



MGMで撃ってきた、というエギ師も言っていたが今回戻って来るエギがヤケに冷たかった。ネットで確認したら15度付近で劇的に下がった、という訳では無いようだが触った感じは「え!?こんなに冷たいの??」と思うくらいだった。イカの不振に関係あるのか?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR