2017.10.18 ホゲてはいないが…

2017.10.18

新月大潮初日
03:23 140
09:33 050
15:50 151

北東2~6、数日続いた雨が止んだ翌日

セイゴ(32)×1、MNG(250)×1、AOR(100)×1、キス(18~22)×3

171018all.jpg


数日間続いた雨がやっと上がった翌日の朝マヅメからの出撃、本当なら2日ほど開けた方が海況は良いのだろうがこの日の夕方にはまた雨が降って週末にはそのまま台風が接近するという。

ゴミだらけなのは確実で水濁りも予想されダメダメ感いっぱいだが翌週は平日の予定が詰まっていて「ここで行っとくしかない」という状況だった。

海況が少しでも回復してから、と思い夕方はパスして翌朝明るくなる直前くらいからやることにした。

4時にKINT。My釣り座には電気ウキ師がいて少し離れて陣取り。

今回もタックルはカラマ802L+ステラと85ML+バイオSW。

まずは1.8gでワームから投げ始めるがこれと言って反応無くエギにチェンジ。

電気ウキのオッちゃんがゴミの多さに参って帰ったのでいつもの釣り座へ。

Myポジがキープできたとは言えこの状況では期待薄だ。とりあえず奥のシバス場へベビサを通してみるがゴミが掛かるばかりで反応無し。

周囲を広く探って反応無くエギにチェンジ。

水濁りと浮遊ゴミが酷くてイカも期待できんな、と思ってしまうが「居る」と信じてシャクりを組み立て、沖目から誘って来て足元で乗せのステイ…と微かに「コっ」っと感じてアワセたら乗った!

クイクイ引くが小さい。難なく抜いて100g級のチビAOR(5:10)。サイズはドチビだが反応してくれたのはウレシイ。
171018aor.jpg

状況は悪いが反応があった!もう少しマシなサイズが釣れないか?とあらためて探るが続かず。

そうするうちにどんどん夜が明け始めていろいろと気になる。

居ればこの時間帯が最濃厚!、とシバス場にベビサを通す。ゴミは多いがうっすらと周りが見えるようになってきたので多少やりやすい。

ゴミに辟易しながらも何度か通していたら「コっ!」っとキタ!!

「そりゃ!」とロッドを立てて応戦、大したサイズでは無いがジャンプした!シバスだ!

何とかいなして一気に抜き上げ、尺チョイのシバス(5:35)!
171018seigo.jpg

小さいが銀色で体高がありウマそうなヒラシバス!

******************************************
…と思っていたが帰宅後捌いたら何か違う…。

ヒラには無いハズの黒い筋が身に走っている…!?「うわ!これヒラじゃねぇ、マルだ!」と気づいた。
171018seigonomi.jpg

残念ではあるがきれいな身のシバスで美味しくいただいたのでヨシ。
******************************************

これでドチビAORとヒラセイゴ(この時点ではヒラだと思っていた)、決して良くは無い状況でお土産無しのホゲりは回避した。

しかしやはり問題はこの後のイナダだ。これで1本でも出れば今回の出撃は大成功と言えるがこれで終了だとするとあまりにショボい。

周囲も明るくなり85MLに持ち替え、新ジグ、BIGバッカー30ブルピンで撃ち込み開始!
171012jig.jpg

釣れてもいないのについルアーを仕入れてしまう。


ビッグバッカー、思い切ったリアバランスでよく飛ぶが結構浮き上がりが早い。切れアマ藻がうるさく数投でジグパラ30ブルピンにチェンジ、釣り方をトントンヒラヒラに切り替え。

注意して見ているが海面上にも変化は無し。ベイトは居る、鳥もそれなりに飛んでる。「来る時ゃ突然クルぞ!」と身構えてシャクるが一向にバイトは無い。

モンゴ狙いのオッサンが隣に、他2名ほどエギを投げているがヒット無し。しばらくして向こうのオッサンに300くらいのモンゴがヒットしたがそれきり。イカも渋いようだ。

ひたすら投げ続けたが全く反応無し、完全に朝になって強風が吹きだした。

状況を受け止めこれで終了するか?他へ行ってみるか?と考えながらエギにナス6号を付けてブン投げズル引きしてたら微妙な重さ…。少し聞いてみてから半信半疑だったが「とりあえずシャクってみっか!?」とあおったらズッシリ来た!

「ヤバそうだな!?」と思ったら案の定、ゲソの端っこにフッキングしてる!一応タモ入れしてゲット、250くらいのモンゴ(7:48)。
171018mong.jpg

この日見た限り2杯しか上がっていないうちの1杯が釣れた、ってのはまあラッキーなんだろうなぁ、と思いながら続けたが追釣無し。

8時半頃諦めて撤収。この後はTの巣をチェックしようと思うがその後が問題、余り青イソがあるので持ってきたがハゼ、キス狙いでどこかへ行くか?ただし投げ竿は置いてきたのでチョイでできるPに限られる。

とりあえず移動してデビリング。まず奥の裏へ。久しぶりに来たが河口が近いため濁りが酷く案の定無反で早々に撤収。

Tの巣、やはり濁りがキツいが一応一往復、お留守。

一度怪しい手応えで一瞬期待したがパタパタフィンのエギがライン付きで上がってきた。エギはキレイでちょうどカラマで使える3号だったのでいただき。
171018turetaegi.jpg

桟橋Pは先客ありで諦め、今回もTはゲットならず。

さあ、この後どうすんべ!?www

前日からではないので体力的には余力アリ、だが結構な強風で寒い。とりあえずJYTのPで河口のハゼでもチェックしてみっか、と向かう。

やってみたら無反、3投で見切って移動。帰ろうか迷ったが車庫Pでハゼ、またはキス、ナブラが出たらイナダ、ってことにした。

11:30に車庫P着。まずは船着き場でHZをチェックするが誘っても置き竿でも一向に反応無し。

堤防の方を見ると左の先端はそれほど混んでいないようだったので行ってみた。

人は居るが左右に分かれて何故か先端が空いていたのでここで開始。

まずはメタジで周辺をチェックするが何事も起きず。しばらく投げてあきらめキス釣りに。

周りの様子からしても全く釣れていないようでこりゃダメだな、と思ったがエサが無くなったら帰ろう、と適当に開始。

数投して外道っぽい乗らないアタリのみ、そろそろヤメっかな、と思ったところに「ゴツ!ゴツ!」と来た!

キスっぽくは無いがいい手応えでそのまま待っていたら「グクッっ」とキタ後に「グイーン!」と持って行った!

「おぉ~!!」っと興奮しつつ聞いたら乗ってる!「そりゃ!」と巻き上げ、グイグイ引いて暴れる!「これはキスじゃねえな!?イシモチ!?」と思ったがイシモチなら引くのは最初だけでこんなに抵抗しないな!?と思い直す。

「なんだべ!?」と思ったらキス!良型!
171018kiss.jpg

ダメだろう、と思っていたら思わぬ良型!マグレだよな!?と思いながらも同じところに投げて探ったら同じようなアタリが来た!

20mも無いくらいのチョイ投げだが堤防の角でヨレた流れにいい型のが付いているらしい!

周りの釣り師は気づいていないようで誰も狙っていない。ダメムードなときに意外な着き場を見つける、ってのは燃えるシチュエーションw

アタリは結構あるがなかなか食い込まず乗ってくれない。

エサがほぼ死んだ青イソのいいところを針に付けて、なのでコレが悪いのか!?

アタる感じからすると最初のと同クラスの型が食っているっぽい。1尾じゃしょうがねぇだろ、と熱くなって続けるが一向に釣れず、ただアタリはあるのでやめるにやめられずww

1時間以上たってやっと2尾目が乗った!と思ったら抜き上げポロリ…。1尾目と同じくらいの良型だった…。

もうエサも無い、というところでやっと2尾目、コイツは18級。その後21㎝が釣れて3尾、ここでエサが尽きアタリも遠のいてヤメ。

********************************************

大雨の後の悪い状況を考えれば上出来なのかもしれんがショッパイ。ホゲってないだけいいか。

シバスはてっきりヒラだと…www

この日はイナダはかすりもせず。湾奥各所でフィーバーのようだがこの辺ではサッパリ。いっそ近所で狙った方が確率高いのか!?

車庫Pのキスは良型揃いで熱くなった。エサがまともだったらもっと食い込んだのか!?

スポンサーサイト

2017.10.14 久々WAN奥P

2017.10.14

長潮
19時頃100くらい
23時頃120くらい

A17㎝×1、セイゴ20㎝×1(り
171014all.jpg


大田区で3時頃終る仕事、小雨が降っていて微妙だが湾奥Pへ。

16時過ぎに付いたが雨がしっかり降っていて車内で様子見。17時過ぎに目覚めたら止んでいたので入釣。

この天気だというに結構人がいる。いつものシャロー向きは空いていたのでここに入らせてもらい開始。

明るいうちに始められたらジグも投げようと思っていたがもう日没なのでワームで。

周りはエサ師で足元でコマセ撒いて釣ってる。どうもAがそこそこ釣れているようだ。

右斜めから右斜めから左のシャローに向かって強風が吹いてやりづらく1.8gで開始した。早々に左奥シャローで着水同時バイトがあったがバラシ。手応えからすると20くらいの何か?だがメバルっぽくは無い。

Aなら良型だがたぶんセイゴだろうな、と思いながら続行するがそれきり無反。

表層、底、中層、タダ巻き、スロー、シャクり、ステイ、と思いつく限り試すが無反。

しかし隣のエサ師にはポツポツ釣れていて居るのは間違いなさそうだ。

JHを軽くすると飛ばないし沈まない。スプリットで重さを変えながらやっていたら足元で回収しようとしたところにヒット、16級のA。

やっと1尾。食ったのは表層で回収途中で底から食い上げて来た感じだがマグレ感が半端ないわww
171014a001.jpg

案の定そこからは続かず。スプリットの重さを変えたりしながら粘りング。

釣り座を離れて船の隙間を探ったりもしたが反応得られず。メバ狙いの通っぽい人が来て少し話したらMB15㎝、25㎝、が出たとか。俺が散々撃ち込んだシャロー側もバイトはある、と言うが…。

20時頃に着水バイトがあり20級のセイゴ。最初のもやはりコイツらだったな。
171014a,seigo

小雨が降り出してバイトも無し、20時半に納竿。

2017.10.11 仕事前つまみ食い釣り (ボ

2017.10.11

満月後小潮初日
13:49 097
19:21 139

ソゲ20㎝×1(リ)

17時から袖ケ浦で仕事、その前に時間が空いたのでチョイ出撃。


青イソ30gを仕入れて夏キス場へ。

もう10月だしキス、ハゼが本来ならハイシーズン、それとイナダが釣れているらしい。

14:30くらいに到着。最初のコーナーからジグをブン投げてみるが何も起きず、すぐに見切ってキス天秤に換装、外側を探るがノーバイト。
171011turikaisi.jpg

まあ予想通りと言えばそれまでだが‥。

奥へ移動してへの字付近でジグ~キスを試すがダメで内側へ。

内側も何も無し、奥のハゼPをチェック。

「止め」の時間を長めにサビいてくると「グッ・グッ」っと来た後に「ぐぅぃ~ん!」と持って行った!

このアタリは良型ゼーハー間違いなし!…だが針が掛からずスカ…。

居るには居る、とじっくり探るがその後は無反、タイムリミットの16時が迫り諦めて最後10分は外側へジグ投げ。

リミット寸前に何かが掛かった!?と思えば20㎝のソゲ…終了。
171011soge.jpg

2017.10.10 内房完ホゲ

2017.10.10

満月後中潮4日目
01:09 031
07:50 140
13:14 086

完ホゲ


期待の青物は毎回パットせず今回もイマイチ気分は盛り上がりに欠ける。

前回はMBが出るかも?と夕マヅメから開始したが期待裏切られもうそんな気にはなれず、日付が変わってから家を出た。

3:30KINT。無人でいつもの定位置に。

だいぶ欠けてきているが月明りが明るく結構見える。とりあえず夜明けまではエギとワームで時間を潰す作戦。

前回は明るくなる直前にカマスが釣れた。MBはダメっぽいがひたすら投げて通りすがりの魚が遊んでくれる可能性に期待。

タックルはカラマ802L+ステラと85ML+バイオSW。

1gにベビサで開始。風が少々とウネリがあったので2gで、と思ったがセイゴ場にも投げたいのでまずは1gを結んだ。

向かい風の中奥へ投げて軽くトゥイッチのあと定速リトリーブ…「トゥン」と来て何かが食った!

結構なヒキだがカラマで抜けない重さでもない、暴れるのをいなしつつ寄せて足元、タイミングを見て抜こうとしたらフックアウト…。

使い古しのJHの針が鈍っていたか貫通できていなかったようだ。痛恨のバラし…。

手応えからすると30無いくらいの型、セイゴではなかったように思う。結構激しく抵抗して突っ込むときに尾ひれのバイブが強かった。シバスはもっとノタノタしたファイトだと思うんだが…!?

上げられなかったので謎だがAやカマスだとしたら30超だと思う。セイゴ?良型タナゴ?ヒラセイゴ?ww

ともあれ早々に反応がありやる気UP!「次は獲ってやる!」と続けるがこの後は無反。

諦めきれずしばらく撃ち続けたが報われず。この辺でふと気づいた、「早々にチャンスを逃しその後延々と不毛なキャストが続くパターンではないか!?」と。

周辺を隈なく探り続けて気づくと4時半を回っている、10gメタジを投げてエギにチェンジ。

徐々に明るくなってゆくプライムタイムだが一向に何の反応も無く夜が明けて行きヘッドランプが要らなくなって諦め85MLに持ち替え青物狙いへシフト。

最高のチャンスタイムに何も起きず焦りが募るが海中を見るとキラキラとベイトが見える、これならイナダが出てもおかしくない!と気持ちを切り替えてジグパラ30gをフルキャスト。

トントン~ヒラヒラとやっていたら少しして左斜め沖で「ククッ!」っと来てヒット!

この手ごたえはイナダだ!とりあえず1本でも獲れれば満たされる!とグリグリ寄せに掛かるが5秒ほどでフッと軽くなってもうた…。

思わずため息が出たがすぐに切り替え、今回は反応がある!ひたすら投げればきっとまた食う!

この時はこう思ったがこれまた冷静になって考えると「一度きりのワンチャンを逃して結局ホゲるパターン」の典型だった。

隣の電気ウキ師にもまったくアタリ無し。明るくなってキモ兄ちゃんが現れ2m横に入ってきやがりムッとしたが無視していたら早々にモンゴがヒット、嬉しいことにこれはバラしていた。モンゴ釣るのにあんなにドラグ緩めているのがイミフだっつーの。

一向にアタリが無くエギを投げようか?という考えが過るが我慢してトントンヒラヒラ。

浮遊ゴミが多く表層は引きにくい中「ゴミとは違う違和感!?」と思えばエソ&フグ…。

7時を過ぎいい加減疲れて来て適当にタダ巻きしてたら「クッ!」っとキタが乗らず。

フォール主体より巻きの方がイイのか!?と釣り方を切り替えてみたが無反が続きしばらくして表層タダ巻きに同じく乗らないバイト。

途中エギに切り替えたりしながら10時前まで続けて完ホゲ、ピョンピョンとかいうエギが釣れた。
171010egi-np.jpg

出発時はここがダメだったら磯岬で残業、などと考えていたがとてもそんな気にはなれず、納竿。

********************************************

イナダは居た。ただ非常に薄い群れでなおかつ低活性だった。

低活性時はショアスロ的に攻めた方が、と思っていたが疲れてタダ巻きをしていた時にバイトが二度あった。ただし非常に浅くて乗らないバイト。

イカは結局見える範囲で1杯も上がらず。広く探り歩いていたキモ兄も様子からすると今日は1つも獲れなかったと思われる。

2017.10.04 秋イカ×4、カマス×3

2017.10.04

満月大潮2日目
*中秋の名月

北東2~4m

16:25 153
22:27 053
04:29 154
10:40 043

モンゴ150級×2、AOR200級×2、カマス×3


午後から袖ケ浦で1件仕事をやっつけて海へ。

17:30にKINT、日没ギリギリだが辛うじてまだ明るい。
171004turikaisi.jpg

中ほどに空きを見つけてエントリー、85ML+バイオSWでジグを投げるが何の反応も得られず日没。こんなことなら途中でゆっくりラーメンを食って来ればよかったわ。

開いているラーメン屋を見つけて晩飯~ヤル気が出ずに休憩。

起きたら22時を過ぎてた、ソコリだ…。とりあえずTの巣でデビルから。

一通り小突いたがノーバイト、今回も留守らしい。

在庫もダブついているし獲れ過ぎても、としばらくデビリングは自粛していたが「いつでも獲れる」などと余裕をブッコいてると釣りたいときに半年ノーバイト、なんてのを食らいそうでイヤな予感がした。

Tはダメだったが痕跡があるしモンゴでも狙ってみっか!?と800LT+チンパMGに持ち替えて2.5号をシャクる。

そんなに期待しても居なかったが左角から斜めにキャストでスローに誘って来て手前でカーブフォールしたら「トッ」っと来てアワセたら乗った!

メバ竿で余裕で抜き上げの150g級だが柔らかくて美味な新子モンゴ。とにかくボは回避できた。
171004mong01.jpg

その後も何となく続けて同じくらいの型をもう1杯追加、粘ればもっと出そうにも思えたが寒いのとMBも気になるのとで撤収。
171004mong02.jpg

あまりに寒くてコンビニカップ麺で暖を取りついでにレインパンツ500円を購入。

今回は舐めていて長袖とゴアパーカーは持ってきたがアンダーは無防備、もう季節が変わってると痛感、次回からはちゃんと防寒装備も用意せねば。

暖まったところでテラスへ。これだけ寒いのだしメバルも戻っているのでは!?と期待したがノーバイト。

次は大きく移動してP堤。春は一番最後までメバのバイトがあったPだし、と期待したがこちらも無反。

続いて中継点。もしやヒラシバスが!?と思ったが北東風でベタ凪、無反。港内へ投げていた釣り師が300級のAORをゲット、マシなのも居るんだなあと感心。

初T。秋イカは定番P。ここ数年良いとこないような気もするが北風には強いPだし、とじっくり探った、がノーバイト。

2時半過ぎ、KINTへ。今度は無人でいつもの釣り座に。

エギ、ワーム、ミノー、と一通り試すがノーバイトでまったりモード。クーラーを持ってきて座りながらエギを投げる。眠気と寒さと疲れで限界臭いがここで落ちたら寝坊必至だな、と頑張った。

上げの流れがかなり早く正面に投げても回収は左からになる。眠気と闘いながら投げ続け沖から順にシャクり寄せて足元でカーブフォール中に「トンっ」とイカが触った!

「お!?」とアワセたが乗らず…「しかし今のは間違いなくイカのお触りだった!?」とそのままシャクってステイ…我慢していたら「ぬぅ~!」と持って行って今度はビンゴ!

200級だがメバ竿だとギュンギュン引いて楽しい!AORゲット(4:02)。
171004aor01.jpg

これで新子だがモンゴ×2とAORが一つ。最悪の結果は免れたがどうにもしょっぱい。マヅメのイナダに期待したいが…。

眠気と寒さで時間の経つのが遅く感じる。4時半を過ぎれば明るくなり始めるよな!?とひたすら投げ続け4時半過ぎに「Aが回ってないか?」とブレイズジグ14gにチェンジ。

適当に沈めてL&F、半分くらい寄せたところでフォール中に何かがまとわりつくような感触!

だが次シャクっても乗っていない。「妙だな?」と思いながら続けてL&Fしていたらククッっと乗った!

感触からして20チョイの何か!「Aか!?」と期待しつつ巻き寄せるが口切れが怖い、しかし掛かりどころは選べず経験上バレるときはバレる、「ままよ!」と足元まで来て一気に抜いたら成功!上がった獲物を見たらカマスだった(4:45)!
171004kamas.jpg

25チョイくらいのマルっと太ったカマスでこれはウレシイ獲物だ!

バッカンに突っ込んで「続くか!?」とキャスト続行するとやはり時々まとわりつくような感触が来るが乗らない。「カマスなら時合は短い!?」と焦りながら続ける。

バイトが無くなって「カマスはスレやすい!?」というのが頭に浮かびワームにチェンジ。早い展開の方が良さそうだ?と2gのJHに適当なワームで続行。

そこにオッサンが一人現れ「隣イイですか」という。ずーっと空いているのにわざわざ人の隣1mに荷物置くか!?と思ったが適当に返事をして釣りに集中、少しして2尾目、JHのフォールに食ってきた!

コイツはサイズダウンして20級だったが結構近くで食ってきた。まだ居るな?と続けて少しして同型3尾目。
171004mkamasall.jpg

隣人はモンゴ狙いらしく「昨日は10杯釣った」などと言いながら支度をして間隔1mくらいで投げ始めたが…。

さすがに呆れて「俺がここでやってるのにそれは無理でしょ!?」と言ったらぶつぶつ言いながら今度は右隣1.5mで始めやがった。

かなり頭にきたが無視して続行。毎日来てるかなんか知らんがテメェの専用釣り場じゃねぇんだヨ!!と怒鳴ってやりたいのを我慢して見えないふりをして続けようとしたらこのオヤジが1投目で500級の良型を釣りやがったwww

そのうち例の甲高い声のキモ兄ちゃんが現れオヤジと会話、毎日来てる同志顔見知りらしい。

こういう展開は大抵碌な釣果が出ない。うまく希望の釣り座が確保できてもコレがあるから油断できんわ。

このくそオヤジが連発であっという間に4杯…。こちらはジグ投げに切り替えてひたすら投げるが一向に食わない。

明るくなって良く見ると今回はカタクチらしきイワシの群れが確認できる。潮も動いていてナブラは無いが居るはず!と頑張ったがダメ。

6時前までバイトすら無く半ば諦めかけたところに足元を泳いでいくAORが2杯、速攻でエギに付け替え誘ってみたが一度寄って来たものの抱かず離れて行ってしもた。

「ダメか」と思いつつ「他にも居るか」と軽く投げて探って来たら足元で「すぅっ」っと持って行く感触でヒット、200級。
171004aor02.jpg

「こっちはAORだ!ばーかばーか」と隣のくそオヤジに心の中で叫んでww続けたが追釣はなし。

その後は7時半過ぎまでジグを投げたが今日は青物は居ない、と諦め撤収。

イカ4、カマス3、と一応格好は付いたがやはりメインエベントのイナダが不発で消化不良だ。

岬磯へ行くか冬イカ場か、迷って冬イカ場へ。

行ってみたら相変わらず混んでいたが一応先端付近に入れた。途中から風が強くなり40gでしつこく探ったがノーバイト。

最後にTの巣へ再挑戦、10時に諦め納竿。

171004all.jpg

********************************************

今回はベイトは居たが回遊無し、やはり読めん。

イカ類は好調のようで至近距離オヤジは400~500級を数杯。忌々しいわ。

カマスは意外だったが明るくなる直前に回って来たらしい。3尾目の後は反応途絶えた。

前回と違い場所を移して冬イカ場でも青物は無し。
プロフィール

wc10be

Author:wc10be
内房釣人です。
エギングメインの釣行記などちょこちょこUPします。

サイトもよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
爆抱き祈願~内房釣人ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR